ココロスクスク - with 年子キッズ -


2008-09-20-Taiga Birth-3330g-
2009-09-08-Akari Birth-3684g-

オヤ ニ ナルッテ フシギナ カンジ。
カゾク ニ ナルッテ フシギナ カンジ。

ユックリ カゾク ニ ナッテイク チチオヤ & ハハオヤ & タイガ & アカリ ノ キロク。

カテゴリ: go out

弘前公園の花見には毎年行っていますが、
今年は早く咲きそうだ!ということで。

土曜の第1回参観日後に行ってきました!
1時間授業でおしまいなので、友達と遊びたいと言ってたので、
あきらめてましたが、
雨で遊べなくなったので、お花見に変更♪

P1150327
外濠は5分咲き~8分咲き。
いつも見に行く頃には、外濠は散って、花びらで濠が埋め尽くされているのですが、
今年はまだまだこれから!という感じでした。
寒い日だったからかなぁ。


P1150344
去年の田名部祭りでとうとう来なくなっていたピッチングボール当てがあったり。
去年までなかったような気がするマジックルームがあったり。

オートバイサーカス、学生時代にえっちゃんから聞いて行ってみたいとは思っているのですが、
値段と夫の強力な反対にあい、いまだ行けず・・・。

P1150354
お化け屋敷がなんとリニューアル!!されていました。
子供たちは、入る気満々だったのですが、やめました・・・・


BlogPaint
園内には満開の木もちらほら。
やっぱり満開の木は迫力ある~!花の付き方がね。他のところとは違いますからね。


BlogPaintBlogPaint
金魚すくいは遊び(持ち帰りなし)で。
一度金魚すくいの金魚を持って帰って、それまで育てていた金魚を死なせてしまったので、
飼いたいとは言わなくなりました・・・。
遊びだとポイ2つで300円。破けるまで遊べます。
1件目の錦鯉屋さんのとこでは1匹も取れなかったけど、
いつものとこでは、大漁!大きいのも獲れて大興奮。
ギャラリーからの絶賛の声も、彼らを盛り上げます・・・。

BlogPaint

西濠は外側は満開!桜のトンネル側はまだまだ・・・

P1150439
トンネル内は人がほとんどいないので、いつもは歩くのもやっとですが・・・
このように駆け抜けることも可能。

P1150473
ここまできても、ブランコがどうしてもしたい子供たち・・・。
30分ぐらいブランコ。


P1150489
石垣解体の様子は今しか見られないので、見応えがあります!!

ジャンボ黒こんにゃくも並ばず買えたし、
チョコバナナも焼き栗(3年連続購入・超絶オススメ)も買えたし。
全部が満開で圧倒されるようなお花見とはいきませんでしたが、
ゆったりとお花見できて良かったです。

P1150520
弘前市内のさくらは満開だったので、車から見てもキレイでした。

□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□
【食べ物編】
野辺地の常夜燈市場にNAMIKIのソフトクリームがあるとのことで、
立ち寄り・・・

IMG00020_originalIMG00022_original

私のスマホはポケモンマスターに奪われていたので、
夫スマホで撮ったら、ソフトじゃなくて、常夜燈にピント・・・Oh・・・
生クリーム感ハンパない!!ほぼ生クリーム?!
生クリームよりは食べやすいけど、生クリーム苦手な人は無理かも。
NAMIKIはやっぱりジェラート!

お昼ご飯は、夫の希望で「なかみそ」。
image_original (1)

image_original
メニューがなかみそとなかみそピリ辛だけだったので、
せっかっくなので、違うのを・・・と思ってピリ辛を頼んだのが間違いでした。
辛いのがそんなに苦手ではないけど、得意でもない私には無理でした・・・。
途中でギブアップしたの久々~

夜は、途中で見かけた「鶴橋 風月」
IMG00065_original

お店の人が焼いてくれるので、ふわっふわでめちゃ美味しい!!
鰹節かけてから返して、焦がすのも初めて。

風月のお好み焼き、八戸で学生時代にめっちゃ食べに行ってたなぁ~。
赤い券もらえて集めると豚玉無料になるの。
懐かしい・・・。
もうないらしい。
いわとくパルコのハンバーガー屋さんとか、お気に入りだった店はもうないんだなぁ。


スキー教室が終わって、学校からスキーを回収したので、
早速その自慢の腕前を見せてもらうために、
スキーへ。

家から20分ぐらいのとこにスキー場があるってステキすぎ。(私には関係ないけど)


陸奥湾、自衛隊の艦をみながら海に向かって滑る感じは、
気持ちよさそう~♪(私はアカリの後ろを駆け下りるんだけどね・・・) 
 


最初キッズゲレンデで、閣下によるレベルチェックが行われ。

2017012902
アカリ:まず止まれるようになるまでは、キッズゲレンデで級


2017012903
タイガ:自画自賛しているだけあって、リフトのコース行っても大丈夫級

ということで、スキー未経験者の私とスキーに乗るとノンストップになるアカリを置いて、
閣下とタイガは、リフトのコースへ。
2時間券(大人1100円/子供600円)で思う存分滑ってきたみたいです。
1回見に行ったけど、普通に滑ってたわ~。

アカリと一緒になんとか止まる練習を再開。
「ハの字でエッジ立てて!」とかそれっぽいこと言って。(できないけど、雰囲気で言ってみた) 
ジーンズにショートブーツという明らかにスキー場の恰好ではない私が、
アカリの前にで声をかけつつ下まで降りるのを2回。

 

奇跡的にアカリがコツをつかんで、止まれるようになったので、 
そのあとは一人で。

私が待ってる下まで滑ってきちゃうので、
途中でエスカレータに乗るようにいけないか? と言って、
その付近で待ってみたら、
なんとなくで、曲がってこれて、
滑って→エスカレータ→滑って→エスカレータができるようになったら、
 もう、一人で滑りまくり。
ただ、シュプールは描くことなく、ほぼ直滑降・・・。

どうやったらS字になるのかなんて、私にわかるわけもなく・・・。

そのままキッズゲレンデ終わりの4時まで。
で、閣下とタイガがキッズゲレンデまで滑り降りてきているのも知らず、
彼らの靴を担いで上まで登って・・・
ああ・・・すれ違い・・・。
リフトコースから、キッズゲレンデに来れるなんて聞いてないし!

まぁ。しかし。
タイガもアカリも閣下も大変満足できた1日だったようです。
私も見れて楽しかったし・・!! 

雪も降って、だいぶ雪国らしくなってきたので、
 しばらく週末はスキーになりそうですyo!

2017012904



 

冬休み最後の週末。

宿題が全部終わっていたら、プールかスキーに行けるよー!と言ったら。

あっという間に宿題(応募課題系)が終わって、
はっきりきっぱりプールをチョイス!

 スキーの練習はいいの?と聞いたら、
日曜日家の前でいいとのこと。

ちなみに。冬休みの宿題は。
甥っ子効果で、休み突入時に即効でドリルを終わらせ、
毎日系のは先取りしつつ・・・
応募課題のはがき裏に絵を描くやつをパパッと予備として完成させておいて。

正月明けに、絵日記と本気の課題制作。

自由研究がないのはいいのか悪いのか・・・
親的には楽でヨロシ。
最終日に大慌てで宿題一気にやって(間に合わずに誤魔化す術を身につけ)た母親と、
数日でほぼすべてを終わらせていた父親の子供は、
まぁまぁ、ほどほどに、適度にいい感じに宿題を終わらせる人間になりました


で。土曜日、プール!!!

閣下も、子供たちの水泳教室終了試験に感動してからというもの、
プールが冬期間ないことを嘆いていたので、
めずらしく?遠征を快諾。

福地、遠かった・・・・でも、やっぱ、八戸は全く雪なくていいなぁ~。

3歳4歳ぐらいの時に行ったことがあった
ので、
ぼんやりとは覚えているみたい。

駐車場時点で結構混んでて、マジ?と思いましたが。
ほとんどはお風呂で、プールは30人ぐらい?かな。
ガラガラでもなく、コミコミでもなく、素晴らしい。

今回、最大のお目当ては、ウオータースライダー1回50円。
1000円分チケット購入して、あっという間に使い切りました・・・。

タイガもアカリも全く怖くないし、めっちゃ楽しいみたい。
子供だけで行った1回目なんて、うつ伏せで来て、注意されました
仰向けっていう漢字が読めなかったらしい・・絵があって寝転んでたから、その通りに実践。

最初、私も1回やったんですが・・・
あの、スライダー入り口までの階段の水が凍りのように冷たく、
空気もほぼ外気温・・・ムリ!!!
足も痛いしさー。

閣下は3回ぐらいやったかな?楽しそうでした・・・。

せっかくクロールもできるんだし、プールで泳ぐのかと思いきや、
バーデゾーンを満喫。
bade_01.jpg

特に水風呂。


子供って体温高いから、平気なのかなー?
サウナ入ってからは大丈夫だったけど、最初死ぬかと思ったわ!

1時半着で5時まで遊んで終了♪
まぁ、こっからが遠いし、しょうがない。

帰り、ごはんはごっつりかなーと思ったけど、
閣下の気分じゃないとのことで、イオンまでいって、



パン食べ放題。すでに4回くらい行ってるけど、やっぱ最高!!

やっとで、イオンのスタバに入り、カフェアメリカーノを買って帰りました。
ついでにデザートにフラペチーノも買いましたが、店員さんに寒かったからか、
「こちら冷たい商品ですが、大丈夫ですか?」と聞かれました。

31アイスの食べるとこが、ティーカップになってて、やばい。
子供が入りたくなるじゃないか・・・あれは、小さい子には我慢できないわ・・・。


で、帰宅。

11時。やばい。学校生活リズムに戻すはずが、こんなことに!!










 

あっという間に年が明けました。

一家で初詣。

酉年ということで、奉納舞の舞台?に、
鳥の飾りが・・・

2017010102

でも、そのすぐ前で焼き鳥を売っているというシュールさ。

そして、初詣でがっつり稼ごうという作戦なのか、
今年から、おみくじコーナーが別枠でテント設営されてて。
アトラクション的おみくじ多数。

釣りやら、射的やら・・・
おみくじ自体も迷っちゃうぐらいたくさんあるし・・・

20170101

弓道部の血が騒いで(ほぼ飲み会要員だったけども)、
やってみました。
的中で、非売品のお守りということでしたが、
箱型にはなってるんだけど、入ったままでないとお守りはもらえず・・・
的に当たっても、跳ね返ってくる・・・やっぱ神様は厳しいわ。
子供たちもやってみたけど、当たりもせず。

新年早々、神様に文句つけたくなってしまった・・・

LINEお年玉も「これは新しい!」と思って参加してみたものの、
なんか、かえって相手に気は使わせるし、
相手の設定次第で無駄になるし(LINEに問い合わせて補償してもらいましたが)・・・
さんざんでした・・・

今年1年間はどんな1年になるんでしょうか・・・

今年もどうぞよろしくお願いします。 

32df19b9d6f2ea3c378b12b49bf48563


 

自衛隊でもらったカブト2匹と捕獲したクワガタ2匹。

もういいだろって感じですが。

当たるかも分かんないし。
すごいいろんなカブト・クワガタ見られるらしいし、行ってみるかーと。

出かけた【六カ所村(財)先端分子生物科学研究センタ】。
先端?は?という感じですが。

2つの施設の一般公開の中の1つのイベントとしてのカブト・クワガタ展。

いやー。
一般公開の説明、真面目に聞いたフリはしてたけど。
さっぱ分からん。この施設建設に何百億もかける意味の分からん。
年間も70人ぐらいの働く施設で30億。

すごいなー。あるとこにはあるよね、お金。
という感想のみ。

そして説明してる研究員さん達のコミュニケーション能力の低さに・・・。
いや、多分研究員同士、専門的な難しい話をしてるときは盛り上がるのかも知れませんが。

ウチの4歳5歳に実験用マウスの詳細な説明しても・・・。

ハツカネズミってどれぐらいで子供が産まれると思う?二十日大根って知ってる?
ハツカ生まれのタイガですが、ハツカ=20日認識はまだですyo!
延々とつづくマニアックな実験内容・・・。
いや、いいのさ。きっと大事な大事な研究さ。

で、カブト・クワガタ展!!!
すごかった!!
会場は狭いけれど。
みっしりカブトとクワガタ。
超でけーのから超ちっちぇーのまで。
生きてるのから標本まで。

もー釘付け。
1時間以上はそこで見てたタイガ。
目もキラッキラです。
周りの子供達が3回ぐらい入れ替わる中、主のように・・・。
係員の人も、あまりの熱心さに、丁寧に説明してくれたりして。

で。
くじですよ。
紐を引いて当たる形式。
1等は時価3,4万のヘラクレスのペア。
2等もヘラクレス。
3等がオオクワペア。
4等がカブトペア。
5等が・・・なんか。

タイガ3等!アカリ4等!閣下3等!私ハズレ・・・。
ハズレもあんのかよ!と思ったけど。
こんなにたくさんあっても困るだけだから、ハズレてよかった。
閣下には最高にバカにされたけど。
でも、結局大変になってるのは閣下だし。ベーだ。

全部ペアなのにもビックリだけど。
ゼリーとかも付けてくれて、雄雌を分けてケースに入れてくれてて。
血統?的などこで誰からいつ産まれた記載あり。

自然界には返しません。という同意書にサインしましたよ~。

もう一カ所の施設見学は・・・
スタンプラリーのために行ったのですが。

人工雪を降らせる施設とかあったのですが、説明のみ。
雪が見たかったな-。
他にも難しい説明。
ここでプラ板キーホルダー作成体験。
ジバニャンとエルサ。
二人ともすごい集中力で結構上手にできた。


のですが。
ご飯食べに寄ったところで、タイガがなくす・・・・。
すごい探してお店の人にも聞いて。
でも、なくて。

さんざんみんなに怒られる。
しょぼーーーーーんなんてもんじゃない。

で、少ししたら、ポッケにあった!!てな軽い事件あり。

そんなに期待していなかったのですが、
買ったら1000円以上は確実な大きさのオオクワGETしたし。
カブトムシ、クワガタが好きな子供にはたまらないイベントでした。

ケース買ったり、土買ったりで、それ以上にお金がかかるわけではありますが・・・。



このページのトップヘ