ココロスクスク - with 年子キッズ -


2008-09-20-Taiga Birth-3330g-
2009-09-08-Akari Birth-3684g-

オヤ ニ ナルッテ フシギナ カンジ。
カゾク ニ ナルッテ フシギナ カンジ。

ユックリ カゾク ニ ナッテイク チチオヤ & ハハオヤ & タイガ & アカリ ノ キロク。

2011年03月


アカリが水疱瘡で保育園を休んでちょうど1週間。
明日病院に連れて行って先生からOKが出て保育再開です。

朝から二人は別れを惜しんで大変です。

お兄ちゃんは行きたくないとぎりぎりまでねばるし。
説得して、出かけるとなると、
アカリが飛んできて、私も行くからコートを着せろと訴えます。

今朝はそんな二人にグミグミのおまじない。
二人ともニコニコになって、
二人でぎゅーして、バイバイしてました。
『アカリ、いいこにしててね。いってくるね。まっててね。』

タイガは1歳のときからお兄ちゃんモードを搭載したためか。
2歳半の今、ものすごくお兄ちゃんです。
おもちゃ屋さんに行って、いろんなものにハマって、なかなか帰らないときにも。
『アカリちゃん泣いてるかもよ』って言うと帰ります。


とか悠長なこといってたら・・・病院ついての熱計測で8度2分。

なんでだよーーーー。

ってことでおばあちゃん保育も延長です・・・た。

 

なんとなく当たっているような気がする地震予知サイトで。

M7クラスの余震を警戒とのこと。
西日本の地震もありそうな・・・。

まだまだ平穏な生活は遠いようです。


そんな中。
先週アカリ殿に土曜日にMRワクチンの予防接種をしてきました。

やっとで。

1歳過ぎたら何をおいてもすぐに受けろといわれるMR。
1歳半までひっぱってしまいました。

ずーーーーと風邪引いてるし。
調子いいかなーと思ったら水疱瘡大流行だし。
大流行から1ヶ月なんでか発症しないアカリ。
つえーな・・・と思いつつ予防接種ですよ。

注射するために押さえつけても一切反抗せず。
先生が針を刺したら、ギロッとにらみつけ。
泣かずに終了。
タイガが思わず『アカリ、しゅげーな!!』と絶賛。

とこれで一安心。1歳半検診でもそんなに文句言われないわ~とか思っていたら。

ぽちっと。

お腹にぽちっと。

え?あれ???

あーーーーれーーーー?

水疱瘡の潜伏期間は2週間のはず・・・。
いやいやいや。

次の日、ぽちぽちぽち・・・。
んん???

と、とりあえず、3つだし。
水泡ではないような・・・。(この辺は自己暗示です)
MRの副作用かな?と。

『保育園の帰りに、背中にでてるんでー。水疱瘡かもですー。』

まーーーじーーーかーーー。

家に帰って、水疱瘡を調べたら、
今は発症から24時間以内に抗ウイルス剤を飲むと症状が軽くすむらしいです。
なので、次の日朝一番で病院へ。

今見ている間にもぶちぶち増えていく状態。
見ているこっちがかいー。

お薬塗って、薬1日4回。
かさぶたになるまでお風呂もナシ。


MRワクチンとの兼ね合いはどうなってるんだろう・・・。
生ワクチン連続接種したような状態でアカリの体内はてんやわんやじゃないだろうか・・・。

 

※震災とは一切関係ありません。申し訳ありません。※


1月7日金曜日昼。
雪が降り積もる中、私は携帯を紛失。
絶対に駐車場のどこかにあるのは分かっているのに。
見つからない。
電話をかけるとRBTが聞こえるのに。

土曜日も諦めきれずに。
駐車場へ探しに・・・・。
しかしない。
しかも除雪車が入りました・・・。

私の携帯は雪融けを待ってしか発見されないことを確信。

日曜日。
新しい携帯を購入。


そして3月22日火曜日。
出社して会社の掲示板に『携帯拾いました』
結構社内での忘れ物としての届出はあるので、今回もそうなのかと思っていました。
いまさら見つかると思ってなかったし。

『先日の駐車場での除雪の際に雪と一緒に駐車場脇に寄せられていたと思います』

うお!!
これは!!!

しかも、シャープ、ウサビッチ等心当たり大有り!!!

ビンゴ!!!でした。

久々に会いました私の携帯。


・・・。
・・・。
・・・。

しかも!!!

フツウに動いてるし!!!

起動するし!!
SDデータも見れるし!!
外傷も全くないです。

ほんとに2ヵ月半雪に埋もれてたの?!
日本の携帯、すばらしいです・・・。
防水でもないのに。
0℃以下何回もあったのに。
地震もあったのに。


よみがえりました。

なんだか久々にテンション↑↑↑でした。

 

非日常と日常が錯綜していて。
何が正しいのかさっぱり分かりません。

昨日は子供達を預けて出社。
保育園は節電のために暖房と照明を落としていました。

なにもこんな日に出社・・とかも思いましたが。
今後の方針やこれからの生活についての説明があるかと思い出社したのです。

が。朝礼もなく。昼礼も連絡事項ナシ。

すごくフツウに業務が進んでます・・・。
電気もこうこうとついてます。


ガソリンが手に入らない現実と。
船酔いのように常に感じる余震と。
食料を手に入れるために混雑していた昨日の店内と。
フツウに昼食がでた社員食堂と。
物流STOPでいろいろ買い込まなければならない焦りと。
ここで役に立つかも分からない新規技術開発している光景と。

もう何が何やら・・・。

 

私達はまだガソリン、食料ともに余裕があるらしい閣下実家に非難するべきか。
耐震構造+近くに陸上自衛隊の我が家に留まるべきか。
会社はもうだめなんじゃないかとか。
いろいろ考えてたのですが。


真っ暗な寒い夜は夢の中の出来事だったかのように。
ここは。
金曜日の午後の続き。



そして10分間隔で発生する福島沖岩手沖の震度3,4の地震。
こえええええよ。

出社している自分はバカなんじゃないかと思いつつ。
出社してしまう。

この先どうなるんでしょう。

このひとつ前の投稿で『大地震への序章でありませんように』と書きましたが。

実際そうなってしまいました・・・。

日中だったので仕事中。
社内はざわざわはするものの・・・
蛍光灯カバーが外れようと防火扉が閉じてしまおうと、
サーバーが停電発生でビービーなろうと、
それほどパニックにならない。
机の下に隠れる人も、外に行く人もいない。

2,3回目でどうにもこうにも耐えられず外にでました。

で、停電ではわが社は仕事にならないので・・・
帰社可能な人は帰ることに。

閣下に連絡をとり、閣下のオフィスへの連絡網的な事務的な会話をし。
とりあえず保育園へ。

渋滞。そして信号はなし。
アイコンタクトのみで片側2車線無法地帯の交差点突破。

いつも通っている道路が陥没で通行止め。
回り道して迷いながら到着。

園庭が開放されていて、お迎え。
なにがなんだか・・と言う感じのタイガとアカリを乗せて。
家へ。

家の中はまぁ、落ちてるだろ・・と思ったところは落ちてましが。

まだ蓄熱があたたかいし、明るいうちは特に・・・それほどの危機感はありませんでした。

停電も今夜中には復活するんじゃないかと・・・・。
日中まではまだ電話もつながったし、メールもできました。


1日目の夜。
懐中電灯ですごす。
ご飯はパンとお菓子と果物。
皿を洗う水が冷たすぎ・・・。
夜は寒いが布団で凌げる寒さ。

夜中近所に住む親戚がカセットコンロを届けてくれる。

お湯を沸かして起きていた親だけカップラーメン。

ここらへんでメールも電話も不通。
ケータイでワンセグを見て、全然マシだと思う。
飲み込まれた町を見ると心が苦しくなる。

余震で目覚めたタイガが正座で『いんやぁー。ぶっくりすたなー。がたがたってなー』と訛り全開で話す。そして即寝。
この震災の最中笑いがあるのは子供のおかげ。

2日目の朝。
朝ごはんはパン。バナナ。
冷蔵庫冷凍庫を片付ける。
ご飯をカセットコンロ+圧力鍋で炊く。

2日目の昼。
おにぎりとカップラーメンでお昼。
閣下の出社に付き添い、カセットコンロのガスを買い求めるが・・
5箇所ぐらいで売り切れ。
やま春がやっていたので、果物を大量に購入。
大きな店は店内には入れず店先で註文して購入する方式。
行列は軽く1時間待ちぽい。
ガソリンスタンドは停電でまた閉店中。
この日はやま春とサンデー、ローソンでちょこちょこ購入。
電話メールがつながる。丘でなければOKなのか・・・。

2日目の夜。
ガスが心配なので買ってきたもののカップラーメンと果物。
昼の残りのおにぎり。
蓄熱が冷え切ってだいぶ寒い。
カイロを貼って暖をとる。
あまりに電話等がつながらないので、アンテナor公衆電話を求めて出かける。
公衆電話は1人待ちぐらいで使える。無料。
実家につながる。どうでもいい話を長々とされそうになる。長い?と聞く。
閣下実家に帰って来いと言われる。
とりあえず寝る。

3日目の朝。
5時ぐらいに家電が動き始める。
電気!!きた!!
閣下がテレビをつける。
愕然とする。見てられないけど目が離せない。
朝ごはんは前に購入していた長持ちのパン。
お風呂に入る。

3日目の昼。
お昼ご飯はどこかでおいしいものが食べたいと思い、大戸屋。
10種類ぐらい以外のメニューは全部提供。
めちゃくちゃおいしかった。
買い物。今後の流通が不安なので日用雑貨も多少買い込む。
パンとバナナが欲しく、ツルハ、三光等を見るがない。
八食によって見たら、大量のバナナ。
八食は結構穴場らしく商品が豊富。パンも購入。
ガソリンスタンドはほぼ全滅。午前中に行動すべきでした・・・。
ガス欠ぽい感じで停車している車もちらほら見るし。
気をつけて行動しないとなぁ・・・。

この辺で電話も復活。

3日目夜。
肉野菜炒めを作って食べる。温かい食事幸せ。

こんな感じで今まで過ごしてました。
今回は私の住んでいるところは電気だけだったので、
不便はありましたが、生命にかかわることはなかったです。
恵まれた環境だったと思います。
オール電化の落とし穴的な部分は普段の贅沢の反動なので、しょうがないです。

これからの生活がどうなっていくのか想像が出来ないのですが。

明日は出社してみます。保育園がやっていれば・・・。

このページのトップヘ