ココロスクスク - with 年子キッズ -


2008-09-20-Taiga Birth-3330g-
2009-09-08-Akari Birth-3684g-

オヤ ニ ナルッテ フシギナ カンジ。
カゾク ニ ナルッテ フシギナ カンジ。

ユックリ カゾク ニ ナッテイク チチオヤ & ハハオヤ & タイガ & アカリ ノ キロク。

2010年09月

昨日のお風呂でシャワーを浴びているときです。

下の方でアカリがホースで遊び・・・シャワーの向きが変わりました。

タイガはシャワーしか見ていなかったので、それはなんだか勝手に生き物のように動いたように見えたのか・・・。

いきなりシャワーが『こわいよー』に。

お風呂自体は好きだし、なんせ3人で入ってるんだし、いったい何が怖いんだよ・・・と。
ま、しかし、なんだか嫌な予感はしてましたよ・・・。

今日、その予感は予想を超えた形で当たりました。

お湯を頭からザバーっとかけることや体を洗うことなどは全然平気だったのに。
シャワーのことを思い出し見つめたとたん。

『こわいよー。ばいばーい。あっちいってー。いーやーだー。こわいよー。』

シャワーの穴が目に見えるのか?!
それとも本当に私には見えない何かが見えているのか?!

『あーがーるー』

というので、湯船に入ることなく退散。
恐怖で泣き続ける様子はなんだか見ていられず・・・。

外に出てからも、『あかりちゃーん、おいでー』と完全にアカリに頼りきっている感じ。
にしても寒いのにこんな感じの入浴で。

せきし始めましたが。
悪夢再びですか?
なんでか閣下がまた風邪全開ですが・・・。


タイガはすぐあやまる子供です。
今日もヤクルトを間違って落としたら、私が『あっ』と言う前にフカブカと頭をさげ『ごめんねー』。
怒るすきを与えません。

アカリはお茶を振る子供です。
ストローは洗うのが面倒なので3つぐらい穴の開いたふた付きのコップをお茶用にしているのですが。
アカリはなんでかこれを力いっぱい振るのが大好き。
部屋中お茶だらけ・・・。
怒りのあとの脱力感。たまりませんな・・・。
最近散らかされることに怒るのに疲れて?悟りを開きました。
心の中では常に『どうぞお好きに・・・』(笑)
タイガのときはお茶を高い場所に避難させてたからやらなかっただけかな・・・。
今はタイガがどこにおいても持ってきてしまうし・・・。


イキナリ寒くなったので、衣替えが間に合ってません。

アカリが2、3歩歩き始めました。

2人とも毎日成長があるのでスゴイなぁ・・・。

日曜日。
休日概念のない子供達は7時起き。
休日は午後起きだす習慣だった大人2人は親になる厳しさを痛感する日です。

朝ごはんを食べて、閣下にも『とうちゃん、おいでー。まんまー。おいでー』とナイス攻撃。
それでも粘る閣下に「父ちゃん起きたらしゅー行こうねー」とハードルあげてみる。
保育園でもお昼寝終わりでみんなに「おきてー。おいでー。」と声をかけるらしいタイガ。

父ちゃんにも必死で攻撃。
しゅーいく!!と訴えられ、困惑気味の閣下。
ガタンゴトン乗る?と話題を変えようとして墓穴。
タイガは両方いくつもりに。

閣下考え抜いて、こどもの国へGO!!!

きしゃぽっぽに乗せて、滑り台は滑れるかどうかは自己責任ということらしいです。

こどもの国、かなり混んでました。
到着するとキャプテンの車。
しかし会うこともなく・・・。

とりあえず汽車に乗る。
チケットがもったいないから?私は置いてけぼり・・・。

とらに乗る。かばの滑り台はなんでか拒否。まわりに迷惑。
BlogPaint


タイガはムリと閣下は思っていたらしいが・・・5回ほど滑り登る。
P1080301
最後はファイト一発なみの頑張りで階段を登る息子に父ちゃん抱っこしてあげる。

ゴーカートにも乗って楽しそうでした。
いろんなの楽しめるようになったなぁ・・・。

交通安全ふれあい広場にも初めて行ってみました。
三輪車があったので行ったのですが・・・なんでか補助輪つきの普通のやつに・・・。

P1080292
余裕で手を上げてますけどねぇ・・・。

アカリが『あたち、つまんないわよー。のるわよー!!』と騒ぐので。
三輪車に乗せてみました。
BlogPaint
歩道を乗せていたのですが、車道にでると騒ぐので退散。

2人でメリーゴーランドに乗ってみました。


BlogPaint
馬車に乗ろうと思っていたら先を越されました。
怖がるかな?と思いつつ悪魔のささやきに負け普通に馬に乗せてみました。
がっちりつかんではいましたが、泣きもせず・・・強いなあーちゃん。

最後にみんなで観覧車。これで1100円分のチケット終わり。
BlogPaint
観覧車は2人とも楽しそうでした。


最後駐車場に向かう途中、でっけーカメ!!!

戻ってタイガに見せると最初は引き気味。
触ってもいいとのことですすめても引き気味。
じゃ、帰るか・・と離れると「かめ!かめ!かめ!」
私は子供心の一切理解できない母親ですが。なにか?

最終的にお姉さんがタイガに2ショットどうですか?とすすめてくれて、
カメを持ち上げて並んでくれる。
しかしタイガ逃げる。
父ちゃんタイガ、カメ飼育員の4ショットに・・・。
パチリ・・・の瞬間に電池切れ・・・。
あれ?あれ?あれ?お礼を言いつつ・・・カナリ残念。

P1080313
つうか。カメ歩くの速いよ。
うさぎには負けるのかもしれないけど。
アカリには勝てるよ。


祝日。
馬を見に行くと張り切っていたので。
多少天気が気になるものの行ってきました。

駒っこランド。

行く途中のお昼寝。
P1080266
頬杖ついて半目ですが・・・。


にんじん買ってアカリにあげさせてみました。
P1080273

あんなに張り切っていたタイガは『怖いよー』とあげるのを拒否。
恐怖学習したらしいです。
でも、うまが怖いわけではなく、噛まれそうで怖いらしい。
にんじんが一生懸命私にパスされてきて「あげてー」とのこと。

あーちゃんはとっても楽しそうでした。


馬にも乗せてみました。
P1080276

こういうの最初は怖がるのが定番なのかと思ってたんですが。
アカリは最初からエンジョイ。

タイガは乗るのも拒否です。
人生アカリの方が楽しめそうです。

この後ローラー滑り台を5,6回みんなで楽しみ。

食堂でポテト。

帰りにイオン十和田によって買い物&子供広場&夕飯。
ゲーセンに鉄道模型のでっかいゲームがあって大興奮。
夕飯は無難にガストチョイスでしたが2人ともお子様セット1人前をそれぞれ平らげビックリ・・・。

最近夕飯はすごいたくさん食べます。

滑り台はすごい楽しかったらしく次の日も保育園行かないで『しゅー行く』と朝から訴えてました。

ムツに行った次の日は『ジジ、ババ、おうちいく』と言っていたし。

なんていうか過去の思い出と将来の予測と今の状況がリンクするようになったんだなぁと感心。

ダメダメな1日

昨日はなんだかここ数年で一番ダメな日だった・・・。


朝から胃腸がヤラレ気味。
帰ろうか・・と思うほどの痛み。
会社で吐いたの初めてかも・・・。
まぁ多少復活して仕事続行。

子供たちを迎えにいって、
帰り着くなり何か食べさせろと言われパンを与え。
ご飯。
タイガがヤケに食べる・・・大丈夫か?

定時退社日だったので閣下が帰ってきてから、
買い物へ。

ライトつけっぱで!

・・・。
・・・。
・・・。

バッテリーOUT。エンジンかかりません・・・。

父ちゃんレスキューに電話して、
子供たちチャイルドシートなしで連れてきてチャージ。

バッテリーあげたの未遂も含めると3回目。
敗因はターボタイマーだと思うんですが。
にしても少し急いでたりすると、モーダメ。


タイガが最近また保育園イヤだ・・と行き帰り泣いて抱っこ。
夜中も夢を見てるのか、イヤダイヤダと寝言。
なんか前までの置いてかれるのがイヤダーって感じではなく。
何かイヤなことがあるんじゃないのかなぁ・・と。
でも、お迎えの時には今は泣いてますけど、日中は元気に楽しそうに遊んでますから!って言われる。
楽しそうに保育園行ってたのに何があったんだ・・・。
話してくれたらいいのになぁ。

起きたとたんにイヤだイヤだでかわいそうになる。
どうしようもないんだけど。
私にもっと家事育児スキルがあればもう少し家で一緒にいてあげられたのになぁと情けなくなる。
3連休でジジのおうちに行ったときに保育園がなかったのがうれしかったのか、
今朝はジジのおうちにいくーと言い出す。
ジジのおうちでも緊張してあんまりしゃべらなくなったり、たくさんたくさん泣いたのに。
それでも保育園よりはいいのか・・・。
胸につきささるなぁ。

明日はお休みだいっぱい遊ぼう!!!
(きっと1日でやっぱ無理!って思えるから。)

 

2歳になったタイガとムツに公園へ。

でけー噴水やアスレチック、遊具があり大満足。

P1080242

こんなに回らないローラー滑り台初めてみました。

P1080238


2歳になったタイガはアカリがいるおかげで成長がアリアリとわかります。

ご飯は一人でキレイに食べられるし。
悪いことは(あまり)しない。
我慢ができる。
たくさん言葉も増えて会話が成り立つ。

ごめんねーと謝ることができるし。
私がちょっと失敗して謝るとヨシヨシと頭を撫でてもくれる。

ダダをこねることもありますが。
ちゃんと説明すると納得します。

2歳になると楽になるかも・・と希望をもって今のアカリと向き合ってます。


タイガは1歳になる前におにいちゃんになったからか、
お兄ちゃんである自分を不思議に思うこともなくすごく自然にお兄ちゃんをしています。
アカリと仲良くしたり、アカリを叱ったり、アカリをフォローしたり、アカリをなぐさめたり、アカリのせいにしてみたり、アカリと一緒にいて安心したり。
年子育児は大変な日々ですが、
2人が一緒にいるところをみると2人でよかった・・・と思えます。
きっと私がいないところでも2人でいれば支え合ってたくましく育ってくれそうな気がします。

このページのトップヘ